医者

高脂血症や生活病の症状のチェック【遅くない治療法】

コレステロールの値に注意

女性

気が付かないことも

健康診断などでもコレステロールの値は気になるところですが、具体的にコレステロールの値が高いとどうなるのか知らないという人もいるでしょう。血液中のコレステロールの値が一定以上になると高脂血症と呼ばれる状態になります。この高脂血症は自覚症状が無く、病院で初めてわかることもあるぐらいです。高脂血症はいわゆるどろどろ血と呼ばれる状態であり、この状態の場合は糖尿病や動脈硬化といった病気になるリスクが高まってしまいます。また、血液の流れが悪くなってしまうことから人によっては疲れやすくなるといった症状が出ることもあります。しかし、その疲れが高脂血症の症状であるとは気が付かないケースが多いので健康診断でコレステロール値が高い場合は要注意です。

食事と運動が対策の基本

血液中のコレステロールの値が上昇し、高脂血症となってしまう主な原因は食事と運動不足であると考えられています。肉類や油物といった食事が中心になるとコレステロールが上昇し、慢性的な運動不足がそれを更に悪化させてしまうのです。特に和食よりも洋食が好きだという人の場合は高脂血症である可能性が高くなってしまいます。それだけではなく、喫煙やアルコールの摂取もコレステロールが上昇する原因となります。対策としてはとにかく魚や野菜を中心とした食事を意識するようにして、適度な運動をするのが効果的です。場合によっては病院で薬物療法が必要になることもあります。高脂血症は自覚症状が無く早期発見が難しい病気なので、定期的な健康診断を受けることが大切です。

ストレスが原因となる病

看護師

メニエール病とは、誰にでも発症する可能性のある病です。そしてその症状はある日突然やってきます。耳鳴り、眩暈、吐き気等の症状が突然現れた場合には、メニエール病を疑い病院で詳しい検査を行う必要があります。

読んでみよう

かなり怖い症状

病院

心筋梗塞は何らかの理由で心臓に血液が入らない状況になり、狭窄からの心停止を伴う症状を指します。非常に恐ろしい症状で、この心筋梗塞で多くの方が亡くなっています。素早い対応が生命を繋げます。

読んでみよう

遺伝の可能性がある

女性

潰瘍性大腸炎は何らかの理由で大腸で潰瘍が出来たりびらんが出来たりすることで生じる症状を指します。遺伝的要因が強いという見方がされていて、遺伝因子プラスライフスタイルが重ねあって発症するとされています。

読んでみよう