医者

高脂血症や生活病の症状のチェック【遅くない治療法】

遺伝の可能性がある

女性

腸壁がびらんし、粘膜が禿げてしまう症状に潰瘍性大腸炎があります。潰瘍性大腸炎は大腸に起こる炎症のことで、何らかの理由でびらんや潰瘍が起こる事で様々な症状を発症する可能性が高まります。例えば下痢が続いたり、福通、また熱が起きる可能性などもあります。潰瘍性大腸炎は二十代で男女ともに多いとされていて、実は原因自体はまだ解明されていません。自己免疫機能が正しく機能していないという意見もありますが、食生活の乱れで起こっているという意見もあります。ただし最近では潰瘍性大腸炎は遺伝するという可能性が高いという研究が行われています。潰瘍性大腸炎が遺伝するという理由はまだ良くわかっていませんが、何らかの遺伝因子が関係しているという可能性が高いとされています。特異的遺伝子などの可能性も考えられていますが、まだ遺伝が100%の原因という事も解明されていません。ただし特異的遺伝子を持つ家庭でも発症する方と、しない方が存在するということもわかっていて、食生活などのライフスタイルとの要因もあり発症へと繋がるという見方が最も有効とされています。
潰瘍性大腸炎は治療方法として投薬治療と手術の2種類の方法があります。投薬治療では炎症を抑えるための医薬品を用いて治療が行われます。ステロイド薬なども用いるため一時的に炎症を完全に止めてしまうような治療薬も存在します。ただ完治する可能性はまだよく分かっておらず、再発する事も一般的に知られています。