医者

高脂血症や生活病の症状のチェック【遅くない治療法】

かなり怖い症状

病院

心臓の機能が急に停止してしまう症状に心筋梗塞があります。心筋梗塞は非常に怖い病で、一度起こってしまうと蘇生率は非常に低くなります。そのため心筋梗塞で死亡する人は意外と多く、年間でも数多くの方の命が心筋梗塞で奪われています。心筋梗塞になる原因は様々あり、原因としては血栓の形成や炎症、破裂など症状が発症するまでに至る可能性は実はたくさんあります。具体的な仕組みとしては心臓に流入する血液が何らかの理由で減少し、血液減少によって狭窄を起こしてしまいます。狭窄が続くことで次第に心臓の活動も弱まっていき最終的には心停止を引き起こしてしまいます。症状としては胸部の痛みが特徴的で、この痛みが発症して約数十分ほどで収まる場合もあれば、数時間続くこともあり、そのまま息絶えることもあります。
心筋梗塞が怖い理由に急に起こるという特徴があります。勿論実際に起こるまでには些細なサインが体に現れるとされていますが、たいていの方はこのサインに気づくことが出来ず、全く対策が出来ない状態で症状が起きてしまいます。ある時は寝ている時、ある時は入浴中、またある時は仕事や外出中など様々な場面で急に発症し、第三者が居ない場合ではパニックになりどうすることも出来なくなってしまいます。症状が発症し徐々に意識が遠のいてしまうと生命活動を続けることは困難で、周囲の方の救助が非常に重要な意味を持ちます。一般的には心停止から5分以内の心臓マッサージなどの処置が必要で、この時間w過ぎると心停止復帰後でもほぼ社会復帰が困難になるとされています。また大抵の場合で死亡に至ります。