医者

高脂血症や生活病の症状のチェック【遅くない治療法】

ストレスが原因となる病

看護師

現在増加傾向にある病

メニエール病とは眩暈、吐き気、耳鳴りを発作の様に何度も繰り返す病です。これは内耳のリンパが増える事で水膨れの状態となり内リンパ水腫を起こす事で発症しますが、何故内リンパ水腫が起こるのか詳しい原因は分かっていません。しかしこのメニエール病にはストレス、自律神経の乱れが大きく関係していると考えられています。そして以前までストレスの多い職種である働き盛りの30代から50代の男性が発症する事が多いと言われていましたが、最近では男性よりも女性の患者が増加しており、働く女性が増えてきたからでは無いかと考えられます。現代人はストレスを溜めやすい環境に晒されており食生活や生活習慣が乱れがちな方も増えています。それに伴い今後メニエール病を発症する人は更に増加する事が考えられます。

眩暈は突然やってくる

メニエール病には吐き気、眩暈、耳鳴り等が現れますが、この症状と非常に良く似た症状を示す病として突発性難聴、聴神経腫瘍、脳障害等があります。しかしこれらはメニエール病とは別物になりますので、症状に気付いた場合自己判断は行わず必ず病院で詳しい検査を行う必要があります。そしてメニエール病とは、急に耳が塞がる様な違和感、眩暈、耳鳴りが発症し治ったかと思えばまた急にその様な症状を繰り返します。眩暈の強弱にも個人差があり、立っていられない程酷いケースもあり眩暈を引き起こす場所によっては非常に危険です。メニエール病とは、日常生活にも支障を与え事故を誘発させる病ですのでこれらの症状を絶対に放置してはなりません。病院での治療では栄養療法、薬物療法、漢方療法が行われますが日常的なストレスを軽減させる事が最も効果的だと考えられています。